ka-zoo♪の森

kazoo5.exblog.jp

5人組バンド『ka-zoo♪』のオリジナル曲や日記をアップしています。楽しんでいってくれれば幸いですw





最近もまた、心を揺り動かされる色々な出来事がありました。



相変わらず日常は激動で


容赦はなく


心を亡くさないように必死で抗っています





僕はもう気持ちはおじいちゃんなので、


その人の人生を感じるものや
ストーリーを知ると


色々考えてしまってすぐに涙をしています。







やっぱり音楽っていいですねー



最近もとても感動してしまいました。



音楽っていいなー




僕もそのように生きたいなー




言葉より伝えることができるものってあると思うのです。


想いを伝える方法はなにも言葉だけではない。






演奏者の音楽はまさにその人の心を移す鏡だと思いました。



きっと言葉よりも伝えることができるものだと思う。

そういう人種の人たちもいるのだろう。




僕の演奏はまだまだ未熟で、


誰かの心に響くものはなかなか作れないんだけど、




心に響いた経験なら沢山ある。





ストーリーに感動するのも、音楽に感動するもの、

その人の背景を知ってしまうから

それが示すものに、自分の共感性が刺激されるから。


生き方そのものだよね。





やっぱり何かに打ち込む姿は

ひたすらにカッコいいと思った。



頑張ることって辛いのです



みんな、そんなことは日常の中でしってるだろう?




でも、他の人の「結果」を見た時に、その人の背景までも感じれるから、「すげぇな」なんて思うんだ


思わせられた



こうなりたいなと、思った



また力をもらったですよ。




音楽っていいなー



全て表れるからなー




僕も、頑張っていきたいです。




願わくば、届けたい人に届けれる音楽を作れるようになりたいです。











a0180838_18522058.jpg

[PR]
# by ka-zoo5 | 2013-02-11 18:42 | ペンギンの日記(24)
わたくし、中二病です





(笑)





いきなり何を言ってるんでしょうwww











いやはや







色々と思うところがあったのです











いやいや





この世には色々な思いがあるよね











多くの人が自分の考えは正しいと思ってる











きっと皆正しいのでしょう









みんな正しいからこそ、

苦しい時もある









僕はさー



僕にとってこの世界はかなり辛くて









中学の時とかは、

どうやったら世界が終わるかを考えてた(笑)







死ねるほどの勇気もない



しかし、こんな悲しみが沢山ある世の中を

見過ごすこともできなかった。





勝手に死ねばそれで、終わるんだけど





僕だけが死んで、他の苦しんでいる人を見捨てるのは、

なんか違った。









だから、僕も死ぬけど、みんな死んでほしかった

そしたら、平静になるからね





中2ですwwwwww



恥ずかしー





でも恥ずべき過去とも思わないwwwwww





今、それらが礎となり、多くの人に届けることもできているから



だから、苦しんでいる人の味方になれるから













あんだけ嫌いだった世界ですが、



今は少しだけ好き









希望が持てる













そのきっかけは

「世界がもし100人の村だったら」

だけど





僕はマンガやアニメや小説や、それらのフィクションに助けられたのはかなり大きい。









今でもずっと助けられてる。





音楽も大きく加わったね













フィクションや、音楽の中は希望が溢れてるんだよね



希望と理想











みんなが

本当に同じようなことを願っていることを知ったんだよね











現実でうまいこと理想には届かないけど









届かないからこそ



でも



物語の中でかなえようとしてる













物語の中で、叶えようとしている夢や理想、希望は







本当は皆、

現実で追っていることなんだ











現実で実現するのは難しいんだ



でも

だからこそ

物語に魅かれ



それに勇気をもらって現実で理想を叶える力をもらうんだ











僕もそう。





こんな辛い現実でなんとかかんとか生きていけるのは





時折、物語の中で、心を休憩させるから













現実は辛いんだよ



夢も希望も砕かれるんだよ









でも、きっと理想はあるはず

悪くない現実であるはず







だって、

物語や音楽の中に

皆が求めているものがあるじゃん









皆が現実で頑張ろうとしているから



同時に



物語も生まれてんじゃん、きっと









みんな向かっている方向は同じなんだ











思って

物語や音楽に癒され、勇気をもらい、





毎日、必死に生きています





(笑)









あー



心に響く















明日も



諦めずに



理想を追います











大人になんか

ならないぞ!
[PR]
# by ka-zoo5 | 2012-12-19 22:44 | ペンギンの日記(24)
気持ちはどんどんと冷めていくものです





今週月曜にライブにいきました。H24.12.03


参戦いたライブは・・・・







10FEET 









みんな知ってる?




僕のもっとも好きなバンドの1つです。










いやー今回も楽しかったな





ライブ中いろんなこと考えたんだけどな





だいたい忘れちゃったwwww







でも



やっぱり音って



音楽ってすごいね






どうしても心に響いてしまう。






なんていうかさ







心が見える




いや





相手の心が



自分の心を通る





これで意味が伝わる人がいるんだろうか(笑)



















言葉ってさ


心じゃないよね





あくまで言葉とは


心を表現する手段である





本当に言葉だけで心を全て示すことはできないと思うんだ




心とは


感情とは



もっと根源的なものだ












それは


例えば


叫びだったり


絵だったり


音楽の方が


伝わる場合もあると思う。






言葉よりも

もっと根源的な何かが。





鳥肌立つんだよね。








言葉だからじゃない




音楽だから



相手の心が、それを作った背景が



大音量の中で


叫びの中で


メロディーの中で




心に響かずにはいられない






すげー心に響くんだよ






でも、その時点で僕も音楽自身になってるから

それの一つになってんだよね












そうそう!

思い出した!






音楽って

芸術だと思うんだよ!!















音楽って


実は独りよがりのものではない。 その形成概念は。


一人だけでは音楽とは「完成」しない




届けたい誰かがいるから音楽って生まれると思うんだ。


おそらく他者が存在しなければ音楽も存在しなかったと思う。

純粋に自分のためだけの音楽は存在しないと思う。

分かってほしいから外在化するんだ。





音楽は届けたい誰かがいるから存在するんだ。





だから


本当に音楽が「完成する」のは










誰かに聞いてもらった瞬間だと



そう思った。












あのライブ




客がいなけりゃ完成しない。






僕たちがいたから、音楽は音楽として完成されたと思う。







演奏者が演奏し



聞き手が聞き



その相互をもって「音楽」が完成する











音楽は本質的にはそんな存在ではないかと


そう音楽になりながら感じた

















あと




これまでに何回か


音楽と人生は似たようなものである、と言った気がするけど




やっぱりそう思うんだよねw






ひとつの曲が終わる瞬間






最後に





ドラムと





ベースと





ギターが




完璧なグルーブを保ちながら、音を合わせて終わる・・・



僕の人生もこのように終わりたいと思ったね。














ギターから始まり、







ギターはベースという相棒をみつけ









そこにドラムという仲間が加わった瞬間に








爆発し、楽しそうに疾走する








色々な変化を起こして









ギターが暴れまわっても







しっかりとベースはついてきてくれるし









結局ドラムが安定しているから、みんな仲良く安定して戻ってくるんだよね








最後は、みんなで添い遂げるんだ
















最後はベースもギターもドラムも










お互いの存在を確認しながら










お互いの調子を合せながら










最後の一音のためだけに











心を合わせ









そして最後の音を合わせ













終わる。










あんな感じで人生終わったら、楽しいなー幸せだなー





広がる心地よい余韻










ライブ中は笑顔が止まらないっすw





あー



なんだか


明日からも頑張れそうな気がしてきたぞ











音と人生




なんだか最高






a0180838_2335533.jpg

[PR]
# by ka-zoo5 | 2012-12-06 23:35 | ペンギンの日記(24)
アニメ大好きです




ドラマと違い、アニメは表現したいテーマをダイレクトで扱えるので

心の届くものも強いのかもしれません




とか、オタクっぽく語ってみる

(笑)









先週エヴァンゲリオン見たんです

Qですよ

Q



皆みた?  



今日の話はネタばれ注意ですw


知りたくない人はGo Home!









エヴァの世界でATフィールドってあるじゃないですか?





あれって『心の壁』なんですよね





人間関係の中で


どれだけ知り合っても、


どれだけ信頼しあっても







結局、相手の心にまで入ることはできないのです







それを示したATフィールド(絶対不可侵領域・絶対恐怖領域)








何気に





僕の中で、こんなATフィールド的な考え方って




とても大切なのです









人間関係って






恐ろしく怖いのです










みんな


傷つくのって怖いじゃん?







僕もすげー怖い






いっぱい傷ついてきた









だけど何とかやってこれてるのは










「結局、相手が心の中にまで入ってくることはない」








と、そう知ってるから。









自分が傷つくのは、相手の言葉によってではないのです




相手の言葉を捉えた自分の心の中の言葉により、

自分は傷つくのです








そのようなことを知ってるから



なんとか生きていけてる











こーゆー考え方は




人間関係を全く信じていないみたいに、捉えられそうで、少々怖いのだが。




それらの考えとは反さないのです。僕的には。










ただ、僕は、




先のように考えないと





中々生きていけない程度には





臆病なのです




やーいやーい












心の壁があるから




結局、相手のことを、



本当に分かることは





ありません








だからこそ、相手のことを『知りたい』と思い続けるのでしょう










ちなみに

エヴァ・・・・



内容が訳分かりません・・・・






だからこそ知りたいと思うのでしょう・・・・・・www






きっと劇全てを用い、そのようなメタ認知的なものも表そうとしているのでしょうwwww多分wwwwホントか?wwww








とりあえず、エヴァ

難しかったですw





誰か色々教えて(笑)










a0180838_22144445.jpg

[PR]
# by ka-zoo5 | 2012-12-02 22:15 | ペンギンの日記(24)
夜は寝たいです





夜に死んで






朝に再び蘇ります






毎夜ごとに世界は滅んでいるのです







・・・



はい


こんばんわ







最近、京都に行ってたのです




バンドメンバー集合です





音楽活動のために、と嘯いておきましょうw










いやいや




京都に行くのは僕にとって非日常なのです








普段は、その日のために頑張ってる








バンドメンバーに会うため




皆で語らうために







だから辛い日常でも頑張れます


そう思ってます










辛い日常にいる時は






京都での活動とかは





非日常で








とてもとても楽しみで




輝いて見えます












でも




実際にその非日常に飛び込んでみると




圧倒的な現実感




つまり、普通







皆で過ごした時間が長すぎるので





実際に会っている時は、大切さとか感じずらいのです。







全てが当たり前のように感じてしまって










健康って失ってみないと分からないじゃないですか?



皆、それ知ってるでしょ?




でも、じゃあ実際に今、健康な人達が


「今の健康は大切だ」と思う。


のと



病気の時に


「健康って大切だよな」と思う。




病気の時と、健康な時、、、、結局病気のときの方が、健康の大切さってかみしめるよね









今回の、非日常







やっぱり大切なものは日常の中に潜んでる





大切なものは隠れたがりで、



とても見つけずらい



感じずらい







京都にいる時は、やっぱり

当たり前のように感じていた非日常(日常)が





家に帰ってくると、やっぱり





「大切だったんだな」

「あたりまえじゃなかったんだな」






より実感する








大切にしたい、大切にしようと思うものは




本当に、本当に大切にすることが難しい








なんという難しい世界に出来ているのだろうか









きっと僕らは常に試されているのだろう





『隠れたがりの大切』君






目の前にいる時は隠れてて





いなくなった時に、存在感が現れる




なんという逆説的な存在だろう

















それでも僕らは



何度も何度も確認しながら




大切にしていくしかないのだ








a0180838_1483814.jpg

[PR]
# by ka-zoo5 | 2012-11-27 01:48 | ペンギンの日記(24)
ブログトップ